TOP >
BACK | TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) ] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【355】年男&年女ポップス♪ 

2010年01月24日 ()
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シェリル・クロウザ・ヴェリー・ベスト・
オブ・シェリル・クロウ

(2006/01/25)
シェリル・クロウ



2010年01月24日放送♪

<年男&年女ポップス♪>
M01:(リ)トゥー・マッチ・モンキー・ビジネス/チャック・ベリー
 (1956:R&B=No.4) 
   
<覚えてはりまっか?だいぶ前にご紹介したけどいよいよ日本発売目前!
『ファー(FAR)』1/13:ワーナー>

M02:フォールディング・チェアー/レジーナ・スペクター

<北欧スウェーデンの‘クラブ・ユニット’(2人)
『ベスト・オブ・KOOP(クープ゚)』2/17:インペリアル>

M03:サマー・サン(fea Yukimi Nagano)/KOOP 

<結構マニアックな?70’s~年男&年女ポップス♪>
M04:(リ)アイ・ゴー・トゥ・ピーセス/レイチェル・スウィート
 (1979)

<年男&年女ポップス♪>
M05:(リ:曲変更)シー・ドント・ノウ・ミー/ボン・ジョヴィ
 (1984:No.48/グラス・ルーツ1982年)
             
M06:(リ:曲変更)ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト/シェリル・クロウ
 (2003:No.14/曲=キャット・スティーヴンス
 /P.P.アーノルド1967年:英No.18/ロッド・スチュワート1977年:No.21)


M07:(リ)オン&オン(On,On,On,On…)/トム・トム・クラブ
 (1981)

M08:(リ:曲変更)レッツ・ステイ・トゥゲザー/ティナ・ターナー
 (1984:No.26,R&B=No.3/アル・グリーン1972年:No.1)  
M09:(リ)ルーザーズ・ウィーパーズ、パート・ワン/エッタ・ジェイムス
 (1970:No.94,R&B=No.26)
M10:(リ)フーズ・ソリー・ナウ/コニー・フランシス
 (1958:No.4/R&B=No.4)
M11:(リ)ラヴリー・デイ/ビル・ウィザース
 (1977:No.30/R&B=No.6)
M12:(リ)ディス・マジック・モーメント/ドリフターズ[Vo:ベン・E.キング]
 (1960:No.16/R&B=No.4) 
                         
<ハートビート・セレクション>
M13:レイニー・デイズ/スウィッシー 
M14:ラヴ・ワークス・サムタイムズ/スウィッシー

<年男&年女ポップス♪>
M15:(リ)レイ・レディ・レイ/デュラン・デュラン
 (1997/ボブ・ディラン1969年No.7) 
M16:(リ)いそしぎ(The Shadow Of Your Smile)/トニー・ベネット
 (1965:No.95)

■来週1/31は小ネタとリクエストで綴る2時間(2曲まで!)■ 



◆‘Thanks!寺pton’ちゃんのおいしいブログ
 「No Bread,No Life!菓子パン日記♪」はこちらです!
 →
 http://ameblo.jp/laylakmraz/



■オン・エア曲目に関しては下記HPもご参照下さい
(2004.3/7~2008.7/20分まで掲載)。

 http://www.geocities.jp/simusimumr2/nankouenta.htm

HP内での曲目検索はGoogleで「南港ミュージック(一字空ける)アーティスト名」と入れてみて下さい(アーティスト名は必ずカタカナで!)。

*特集を含むその週へのリクエストの締切りは「水曜日23時59分59秒」です♪♪
*リクエスト数は1週につき「特集用1曲または2曲(最大限度3曲)」「日常用1曲」。 「日常用」に関してはヒット曲orシングル曲or著名曲のカヴァーに限ります。5分を超えるような長い曲は御遠慮下さいませ♪♪





[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.01.24(Sun) ] Play List | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


第22回 「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」決定!  

2010年01月24日 ()
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT
デラックス・コレクターズ
・エディション(2枚組) [DVD]

(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン



昨年に続いて速報でお届けします。第22回「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」が決定しました。まだミュージック・ぺンクラブのサイトにはUPされてないようですが、「ポピュラー部門」については以下の通り。

■ミュージックペンクラブ音楽賞
(「MPC Report」2010年1月号より転載)

≪ポピュラー部門≫

録音・録画作品(外国人アーティスト)
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
稀代のエンタテイナー、マイケル・ジャクソが2009年7月からロンドンで行う予定だった『ディス・イズ・イット』ツアー。マイケルの2009年6月25日の急死によって、幻のツアーとなったが、そのリハーサル模様を収録した記録映像を映画化した。この映画によって、マイケルがツアーで伝えたかったメッセージ≪地球を癒そう、治そう≫がより多くの人々に伝えられるようになったのは実に皮肉であり、運命的でもある。(吉岡 正晴)
次点 :「ザ・ビートルズ MONO BOX/ザ・ビートルズ」 

録音・録画作品(日本人アーティスト)
「ソフトリー・アズ・アイ・リーヴ・ユー/マーサ三宅」
(ティートックレコーズ/XQDN-1021)
これが「ラスト・アルバム」というつもりで吹き込んだという作品。歌に気持ちが入っていて、一曲一曲の内容が、聞き手の目に浮かんでくるような見事な表現力で歌われる。特に、自動車事故のため夭折したトランペッッター、クリフォード・ブラウンの死を悼んでベニー・ゴルソンが書いた「アイ・リメンバー・クリフォード」は、その不慮の事故を聞いた時の悲しみが伝わって来て胸を打つ名唱。北島直樹(p)のトリオに増尾好秋(g)伊勢秀一郎(tp、flh)が加わる伴奏陣も好演。(高田 敬三)
次点 :「俺たちに明日はない/頭脳警察」 

コンサート・パフォーマンス(外国人アーティスト)
「SIMON & GARFUNKEL OLD FRIENDS TOUR 2009」
サイモン&ガーファンクルは1960年代初めから活躍する伝説の名デュオだが、解散宣言のないままソロとなってから約40年がたつ。その間、時々再結成コンサートを行ってきた。中でも今回の来日公演は印象に深く刻まれている。アート・ガーファンクルの声は往年とは異なるが最もよく出ていて、のびのびとした魅力的な歌声を聴かせ、ポール・サイモンのギターや歌も聴き応えがあり、熟年の味わい深い感動を呼ぶコンサートだった。(鈴木 道子)
次点 :「エリック・クラプトン&ジェフ・ベック公演」 

コンサート・パフォーマンス(日本人アーティスト)
「富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル」
 2009年11月1日 五反田・ゆうぽうとホール
24回目を迎えたジャズ・フェスティバル、これまで外国人アーティストによるものだったが、今回初めて≪ポール・ウィナーズ~ヒストリー・オブ・ニッポン・ジャズ≫と題し北村英治、日野皓正らスイングジャーナル誌の読者投票1位経験者を中心に日本のトップ・ジャズメンを集めたステージが第一部で展開。アーティストが固有の魅力が十分に発揮され、聴衆が音楽を堪能できる構成・演出が見事だった。大ホールでのジャズ・コンサートが少なくなってきた昨今だけに、とても貴重なフェスティバルでもあった。(高田 敬三)
次点 :「山下達郎Performance 2008-2009ツアー」

著作出版物
『知ってるようで知らない映画音楽おもしろ雑学事典/大日方 俊子・著』
(ヤマハミュージックメディア)
大型本ではないが、中味はぎっしりつまっているし、映画音楽に関するほとんどすべてのことを正確なデータをふまえて教えてくれる。雑学事典とあるが、雑学だけでなく、映画音楽の歴史や本流について歴史と中味を教えてくれる。また巻末の米、英、日のアカデミー音楽賞の受賞作などに関する一覧表も大いに役立つ。著者は元TBS-TVディレクターで、映画音楽、ミュージカルに詳しく、流行歌の作詞家としてヒット曲賞も受賞している。(岩浪 洋三)
次点 :「マーヴィン・ゲイ物語引き裂かれたソウル/デイヴィッド・リッツ著 吉岡正晴・訳」

ベスト・ニュー・アーティスト
「ダイアン・バーチ」
ダイアン・バーチはアルバム『バイブル・ベルト』でデビューを飾った、ニューヨーク出身の女性シンガー/ソングライター。恵まれたルックスと、キャロル・キングやローラ・ニーロを思わせる作風、歌声で大きな話題を呼んだ。日本ツアーも成功させている。サザン・ソウル、ゴスペル、ブルースなど、米ルーツ・ミュージックを継承し、それを新たな形で発展させる可能性を秘めた、稀有な新人である。(細川 真平)
次点 :松本茜

特別賞
「マイケル・ジャクソン」
マイケル・ジャクソンは少年時代から兄たちとジャクソン5で活躍してきたが、1980年代に入ってからの功績はめざましい。MTVに黒人への扉を開いたのはマイケルであり、『スリラー』ではミュージック・ビデオ時代をもたらし、同アルバムは最多売上げでギネスブックに記録。その卓越したダンスと音楽の一体化、R&B、ロック、ポップの統合はじめ、世界中に影響を与えた功績は大きい。突然の死は惜しまれるが、キング・オブ・ポップと称えられる彼が残した芸術は今もいきいきと異彩を放っている。(鈴木道子)


「忌野清志郎」
R&Bやブルース、ロックへの愛情を音に滲ませながら、忌野清志郎は58年の生涯を鮮烈に駆け抜けた。1970年にRCサクセションの一員としてレコード・デビュー。「スローバラード」「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」等、記憶に残る名曲を放ち、ソロ活動や別ユニットでも金字塔を連発。まさに≪不世出≫という言葉そのものの傑物だった。2010年3月に、89年に録音されていた幻の音源『Baby #1』がリリース。(原田和典)

 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.01.24(Sun) ] お知らせ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【354】還暦ポップス♪ 

2010年01月18日 ()
ベスト・オブ・メリー・ホプキン(紙ジャケット仕様)ベスト・オブ・メリー・ホプキン
(紙ジャケット仕様)

(2005/04/27)
メリー・ホプキン



2010年01月17日放送♪

<今週は‘還暦ポップス’♪>
M01:(リ:曲変更)ケ・セラ・セラ/メリー・ホプキン
 (1970:No.77)

<まだまだかけます!『IRM』1/27:ワーナー>
M02:タイム・オブ・ジ・アサシンズ/シャルロット・ゲンズブール

<ハーモニカの旗手『Threshold』1/22:BSMF>
M03:トゥナイト/シュガー・ブルー
 
<‘年男’ですが。。。還暦を超えて72歳♪>
M04:(リ)ステイ/モーリス・ウィリアムス&ザ・ゾディアックス
 (1960:No.1) 
                
<還暦ポップス:3/26の誕生日を待たずして。。。
追悼!テディ・ペンダーグラス>

M05:(リ:曲お任せ)アイ・ミス・ユー/ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ
 (1972:No.58/R&B=No.7)
M06:(リ:曲変更)ジャニュアリー/デヴィッド・キャシディ
 (1976:パイロット1976年No.87/英1975年No.1)
M07:(リ)ネバー・ラヴ(I’ve Never Been In Love)/スージー・クアトロ
 (1980:英No.56)          
M08:(リ)ジス・ウィル・ビー/ナタリー・コール
 (1975:No.6/R&B=No.1)
M09:ロッキン・ダウン・ザ・ハイウェイ/ドゥービー・ブラザーズ
 (1972シングル「希望の炎」B面曲)
M10:(リ:曲変更)危険な噂(Don’t Do Me Like That)
 /トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
 (1979:No.10)     
M11:(リ)ジェイデッド(Jaded)/エアロスミス
 (2001:No.7)[Acoustic Mix]

<ハートビート・セレクション>
M12:レイニー・デイズ/スウィッシー 
M13:アーニャ(Aniya)/スウィッシー

<『遥かなる影~カーペンターズ・コネクション』1/13:好評♪>
M14:愛は夢の中に(I Won't Last A Day Without You)/モーリン・マクガヴァン
 (1973:No.89/カーペンターズ1974年No.11
 /作者ポール・ウィリアムス1973年No.106)


<還暦ポップス♪>
M15:(リ)恋のためいき(Getting A Drag)/リンジー・ディ・ポール
 (1972:英No.18)
M16:(リ:曲変更)時のほとりで(Used To Be)
 /シャーリーン&スティーヴィー・ワンダー
 (1982:No.46)

<締め括りはテディ・ペンダーグラスを偲んで。。。
『ソウル・ブック』(2009.12/23:ソニー)より
この方のカヴァー歌唱で‘ハロ・メル’の代表曲を>

M17:二人の絆(If You Don’t Know Me By Now)/ロッド・スチュワート
 (ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ1972年No.3/R&B=No.1)

■来週1/24「年男&年女ポップス(48歳&60歳&72歳)」■



■オン・エア曲目に関しては下記HPもご参照下さい
(2004.3/7~2008.7/20分まで掲載)。

 http://www.geocities.jp/simusimumr2/nankouenta.htm

HP内での曲目検索はGoogleで「南港ミュージック(一字空ける)アーティスト名」と入れてみて下さい(アーティスト名は必ずカタカナで!)。

*特集を含むその週へのリクエストの締切りは「水曜日23時59分59秒」です♪♪
*リクエスト数は1週につき「特集用1曲または2曲(最大限度3曲)」「日常用1曲」。 「日常用」に関してはヒット曲orシングル曲or著名曲のカヴァーに限ります。5分を超えるような長い曲は御遠慮下さいませ♪♪




[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.01.18(Mon) ] Play List | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【353】カーペンターズ・コネクション♪ 

2010年01月10日 ()
遥かなる影~カーペンターズ・コネクション遥かなる影
~カーペンターズ・コネクション

(2010/01/13)




2010年01月10日放送♪

<おフランスの26歳♪ハモニカ吹いてルーツ音楽的要素をベースに歌う
新鋭の新作『アンケイジド』1/22:BSMF(茨木市)>

M01:ロスト・ジェネレーション/シャルル・パジ(Charles Pasi)

<さぁそろそろリリースが近づいて参りましたよ~♪『IRM』1/27:ワーナー>
M02:トリック・ポニー/シャルロット・ゲンズブール

<1960年代ヒットを聴こう♪>
M03:(リ)ホールド・ミー/P.J.プロビー
 (1964:No.70&英No.3/ホテル・コモドア・オーケストラ1933年No.3
 /チャーリー・セクストン1985年)


<今週はカーペンターズ関連特集♪
まずは趣旨をご理解いただくためにこんな曲を>

M04:(リ)夢のカリフォルニア(California Dreamin’)/カーペンターズ
 (1967/2001)

<『遥かなる影~カーペンターズ・コネクション』
1/13:ユニバーサル:2枚\3280>

M05:遥かなる影(Close To You)/リチャード・チェンバレン
 (1963)
M06:アワ・デイ・ウィル・カム(燃える初恋)/ルビーとロマンティックス
 (1963:No.1)
M07:ユア・ベイビー/ルビーとロマンティックス
 (1965:No.108)
M08:(リ)ウォーク・オン・バイ/ウィ・ファイヴ
 (1969)
M09:(リ)クランシーは歌わない(歌うのをやめた私)
 Nowadays Clancy Can’t Even Sing/フィーヴァー・トゥリー
 (1968/バッファロー・スプリングフィールド1966年No.110) 
M10:愛しつづけて(I Kept On Loving You)
 /ヘヴン・バウンド・ウィズ・トニー・スコッティ
 (1972)
M11:(リ)ユー/ランディ・エデルマン
 (1976)

<ハートビート・セレクション>
M12:レイニー・デイズ/スウィッシー
M13:ハウ・イット・オール・スターテッド/スウィッシー

<メンフィス・ソウルの大御所プロデューサー、ウィリー・ミッチェル追悼>       
M14:ソウル・セレナーデ/ウィリー・ミッチェル
 (1968:No.23/R&B=No.10)                 
M15:エクスプレイウェイ・トゥ・ユア・ハート/ドン・ブライアント
 (1969/ソウル・サヴァイヴァーズ1967年No.4)

<来週1/17は恒例「今年還暦を迎えるアーティスト」♪>
M16:(リ:曲お任せ)ディスカバリング・ジャパン
 /グラハム・パーカー&ザ・ルーモア
 (1979)

<締めは『遥かなる影~カーペンターズ・コネクション』の
題名のヒントになったこの曲で♪>

M17:レインボウ・コネクション/カーペンターズ
 (2001)



■オン・エア曲目に関しては下記HPもご参照下さい
(2004.3/7~2008.7/20分まで掲載)。

 http://www.geocities.jp/simusimumr2/nankouenta.htm

HP内での曲目検索はGoogleで「南港ミュージック(一字空ける)アーティスト名」と入れてみて下さい(アーティスト名は必ずカタカナで!)。

*特集を含むその週へのリクエストの締切りは「水曜日23時59分59秒」です♪♪
*リクエスト数は1週につき「特集用1曲または2曲(最大限度3曲)」「日常用1曲」。 「日常用」に関してはヒット曲orシングル曲or著名曲のカヴァーに限ります。5分を超えるような長い曲は御遠慮下さいませ♪♪




[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.01.10(Sun) ] Play List | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【352】寅ちゃんポップス♪  

2010年01月03日 ()
シー・スマイルズシー・スマイルズ
(2009/12/16)
スウィッシー



2010年01月03日放送♪

<寅ちゃんポップス♪>
M01:(リ)タイガー/ABBA
 (1976)
M02:アイム・スティル・サーチング/グラス・タイガー
 (1988:No.31)
M03:(リ)パウ/ラヴィン・スプーンフル
 (映画『ホワッツ・アップ・タイガー・リリー』主題歌:1966)
M04:(リ)タイガー・イン・ザ・レイン/マイケル・フランクス
 (1979)
M05:ラヴ・ポーションNo.9/タイガーズ・オブ・パンタン
 (1982)
M06:(リ)タイガー・フィート/マッド
 (1974:英No.1)
M07:(リ)ペイパー・タイガー/スー・トンプソン
 (1965:No.23)
M08:(リ)タイガー・ロック(Tiger)/フェビアン
 (1959:No.3)
M09:(リ)タイガー・マン/ルーファス・トーマス
 (1953)  
M10:(リ)幻のアトランティス(Atlantis)/ドノヴァン
 (1969:No.7)
M11:(リ)トライ・ア・リトル・カインドネス/グレン・キャンベル
 (1969:No.23)
M12:(リ)アイ・ウォント・ユア・ラヴ/トランスヴィジョン・ヴァンプ
 (1988:英No.5)

<ハートビート・セレクション>
M13:レイニー・デイズ/スウィッシー
 
<寅ちゃんポップス♪>
M14:(リ)白夜のトラジディ(Tragedy)/ハノイ・ロックス
 (1982)
M15:(リ)トラジェディ/ジョン・ハンター
 (1985:No.39)
M16:(リ:曲お任せ)ヘイフィーヴァー/トラッシュ・キャン・シナトラズ
 (1993:英No.61)                                


◆来週1/10は2枚組企画盤『遥かなる影~カーペンターズ・コネクション』
 (1/13:ユニバーサルミュージック)発売記念の特集♪

◆さ来週1/17は恒例(高齢!?)「今年還暦を迎えるアーティスト」特集♪


<来週の特集の予告篇♪>
M17:遥かなる影(Close To you)/ダスティ・スプリングフィールド
 (1967)



■オン・エア曲目に関しては下記HPもご参照下さい
(2004.3/7~2008.7/20分まで掲載)。

 http://www.geocities.jp/simusimumr2/nankouenta.htm

HP内での曲目検索はGoogleで「南港ミュージック(一字空ける)アーティスト名」と入れてみて下さい(アーティスト名は必ずカタカナで!)。

*特集を含むその週へのリクエストの締切りは「水曜日23時59分59秒」です♪♪
*リクエスト数は1週につき「特集用1曲または2曲(最大限度3曲)」「日常用1曲」。 「日常用」に関してはヒット曲orシングル曲or著名曲のカヴァーに限ります。5分を超えるような長い曲は御遠慮下さいませ♪♪





[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.01.03(Sun) ] Play List | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【親方ワークス】『遥かなる影~カーペンターズ・コネクション』 

2009年12月31日 ()
遥かなる影~カーペンターズ・コネクション遥かなる影
~カーペンターズ・コネクション

(2010/01/13)




上柴とおる親方が解説を執筆されました好企画盤『遥かなる影~カーペンターズ・コネクション』の収録曲目は以下の通りとなっております(AMAZONやHMV等のオンライン・ショップに掲載されているものとは一部異なっておりますので、1月10日放送の特集を前にご確認宜しくお願い致します♪)。

[CD1]カーペンターズがカバーしたおなじみのヒット・ヴァージョン&作者ヴァージョン

01. 遥かなる影 (リチャード・チェンバレン)
02. ハーティング・イーチ・アザー (ルビーとロマンティックス)
03. プリーズ・ミスター・ポストマン (マーヴェレッツ)
04. 悲しき慕情 (ニール・セダカ)
05. ジャンバラヤ (ハンク・ウィリアムス)
06. 見つめあう恋 (ハーマンズ・ハーミッツ)
07. リーズン・トゥ・ビリーヴ (ティム・ハーディン)
08. ア・ソング・フォー・ユー (レオン・ラッセル)
09. アワ・デイ・ウィル・カム(燃える初恋) (ルビーとロマンティックス)
10. ユー (ランディ・エデルマン)
11. アイ・キャン・ドリーム (アンドリュース・シスターズ)
12. リトル・ホンダ (ホンデルス)
13. リーダー・オブ・ザ・パック (シャングリラス)
14. ブック・オブ・ラヴ (モノトーンズ)
15. ジョニー・B・グッド (チャック・ベリー)
16. 恋のビーチウッド (マーヴェレッツ)
17. 夢のカリフォルニア (ママス&パパス)
18. ダンシング・イン・ザ・ストリート (マーサ&ヴァンデラス)
19. ユア・ベイビー (ルビーとロマンティックス)
20. マスカレード (レオン・ラッセル)


[CD2] カーペンターズがカヴァーしたおなじみのヒットの他アーティスト・ヴァージョン

01. 遥かなる影 (ダスティ・スプリングフィールド)
02. 愛のプレリュード (バハ・マリンバ・バンド)
03. あなたの影になりたい (ダイアナ・ロス)
04. 涙でさようなら (ウォーカー・ブラザーズ)
05. 愛のプレリュード(ビル・メドレー)
06. 恋よ、さようなら (バート・バカラック)
07. ア・ソング・フォー・ユー (テンプテーションズ)
08. ウォーク・オン・バイ (ウィ・ファイヴ)
09. ベイビー・イッツ・ユー (スミス)
10. リトル・ガール・ブルー (ブレンダ・リー)
11. 去りし時を知って (バート・バカラック)
12. 愛は夢の中に (ダイアナ・ロス)
13. ア・ソング・フォー・ユー (ダスティ・スプリングフィールド)
14. クランシーは歌わない(歌うのをやめた私) (フィーヴァー・トゥリー)
15. 愛しつづけて (ヘヴン・バウンド・ウィズ・トニー・スコッティ)
16. 見つめあう恋 (エンゲルベルト・フンパーディンク)
17. ア・ソング・フォー・ユー (ビル・メドレー)
18. 愛は夢の中に (モーリン・マクガヴァン)
19. リーズン・トゥ・ビリーヴ (ロッド・スチュワート)
20. レインボウ・コネクション (ウィリー・ネルソン)




では、リスナーの皆様、どうぞ良いお年を♪


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.12.31(Thu) ] お知らせ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【351】リクエスト曲で年末をのんびりと♪ 

2009年12月27日 ()
IRMIRM
(2010/01/27)
シャルロット・ゲンズブール



2009年12月27日放送♪

<ドイツの女性シンガー・ソング・ライターの本邦デュー盤
『Compilation Album』(日本編集)12/25:BSMF(茨木市)>

M01: エンドレス・フォール/クリスティーナ・ラックス

<気になるお方が結構いてはるんで今週もさら~に!
『IRM』1/27:ワーナー>

M02:ダンデライオン/シャルロット・ゲンズブール
 
<日本盤のジャケットをあしらったTシャツ
(Lサイズのみ!)×お一人様に♪>

M03:ブリージング・イン/ジェームズ・ユール
 
■今度の土曜日までにご応募を!
Tシャツの写真は曲目ブログに既に掲載中!
発表は来週1/3の番組で!
*キイワード=番組&ブログ内で紹介済み!


<4週連続のオン・エア♪
~只今リリース元の神戸元町プロダクション・デシネさんでスウィッシー
ちゃんのデビュー・アルバム『シー・スマイルズ』を購入するともらえる
5曲入りのスペシャルCD-R(5曲入り:すべてデビュー盤には未収録)
からご紹介♪>

M04:スキャンバッグ/スウィッシー

■‘蔵出し’も含めてリクエスト曲で年末をのんびりと■
M05:(リ)青い影(A Whiter Shade Of Pale)/サラ・ブライトマン
 (2000/プロコル・ハルム1967年:No.5/英No.1) 
M06:(リ)クレイジー・イン・ザ・ナイト/キム・カーンズ
 (1985:No.15)
M07:(リ)女神リーア(Ah!Leah!)/ドニー・アイリス
 (1981:No.29)
M08:(リ)涙のオート・ラヴ(Auto Love)/パナッシュ
 (1981)
M09:(リ)愛は果てしなく(I Will Still Love You)/ストーンボルト
 (1978:No.29)
M10:(リ:演者変更)冷たい初恋(It’s Cold Outside)/タトゥー
 (1976年/ザ・クワイア1967年No.68)
M11:(リ)エレベーター/グレープフルーツ
 (1968)
M12:(リ)マギー(I Can’t Let Maggie Go)/ハニーバス
 (1968:英No.8)
M13:(リ)だから君が好き(Cuz I Love You)/スレイド
 (1971:英No.1)

<誰もリクエストしない80sヒット!>
M14:燃えるハートライン(Heartline)/ロビン・ジョージ
 (1985:No.92/英No.68)                      
       
<1960年代を聴こう♪>
M15:(リ)キス・ミー・グッバイ/ペトゥラ・クラーク
 (1968:No.15)
M16:(リ:選曲お任せ)シー・トゥック・ユー・フォー・ア・ライド/アーロン・ネヴィル
 (1967:No.92)

<今週も締め括りはマイケル君に!『クレイジー・ラヴ』2/10:ワーナー>
M17:クレイジー・ラヴ/マイケル・ブーブレ
 (曲=ヴァン・モリソン)

■来週1/3は民放ラジオ界初の‘奔放’企画!
虎年にちなんで‘しゃれづくし’も交えて綴る「寅ちゃんポップス♪」
~リクエストは12/30:水曜日までに!
題名に「タイガー」等(サヴァイヴァーの例の曲はかけません!)
駄じゃれ=カマス‘トラ’レコードのアーティスト
 /シナ‘トラ’の曲/マンハッタン‘トラ’ンスファーの曲
 /題名に‘トラ’が含まれているもの(「トラヴェリン・マン」 「トラジディ」
 「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」「トランプ」「とらわれの恋」等)


◆元旦!「1月1日」金曜日に加美幸伸君の「フライディ・ミュージック・ワゥ!」(朝10時~夕方4時)にゲスト出演(昼12時あたりからぼちぼち登場~それまでは。。。呑んでます!?)♪加美君と二人でアナログ・レコードをかけまくります♪




■オン・エア曲目に関しては下記HPもご参照下さい
(2004.3/7~2008.7/20分まで掲載)。

 http://www.geocities.jp/simusimumr2/nankouenta.htm

HP内での曲目検索はGoogleで「南港ミュージック(一字空ける)アーティスト名」と入れてみて下さい(アーティスト名は必ずカタカナで!)。

*特集を含むその週へのリクエストの締切りは「水曜日23時59分59秒」です♪♪
*リクエスト数は1週につき「特集用1曲または2曲(最大限度3曲)」「日常用1曲」。 「日常用」に関してはヒット曲orシングル曲or著名曲のカヴァーに限ります。5分を超えるような長い曲は御遠慮下さいませ♪♪





[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.12.27(Sun) ] Play List | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

Calender

Seach

Google Seach

Entries

Archive

Categories

Link

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。